Poulet roti KOBEについて

ロティサリーチキンイメージ
選べるサイズ
ロティサリーチキンサイズイメージ

銘柄鶏「こめそだち」の
ロティサリーチキン!

フランス語で「プーレロティ(Poulet rôti)」とは、「ロティサリーチキン」のこと。
海外では、レストランや家庭で日常的に、そしてパーティーの主役としても必ずといっていいほどテーブルに並びます。
わたしたちは、日本でも極上のロティサリーチキンを召しあがっていただくために、群馬県の自然豊かな自社養鶏場で銘柄鶏「こめそだち」を大切に育てることからはじめました。お米や梅酢を食べて育った「こめそだち」は、ハーブや特製調味料で漬け込まれ、新鮮な状態で店舗へ直送されます。

そして、店内の専用オーブンで余分な油を落としながら、じっくりじっくり時間をかけて火を均一に通していきます。そうすることで、外はパリッと、中はジューシーに焼き上がり、香ばしい匂いが店内に漂います。

プーレロティ神戸では、ロティサリーチキンを特別な日を彩るひと皿としてだけではなく、手軽にお楽しみいただけるランチプレートから、人数やシーンに合わせてお選びいただけるハーフ、クオーターサイズ、ホームパーティやご家庭でも召しあがっていただけるテイクアウトなどをご用意しております。

ロティサリーチキンのワンプレート、週替わりリゾットやピザなどドリンク・スープ・デザート付きランチや、豊富なワインメニューにぴったりなバルメニュー、十六雑穀米を使ったリゾットなどのディナーメニューもお楽しみいただけます。